2通目のメールの話

得意先のアラフォー男性から2通のメールが来た。

「私さんは話が面白いですよね。今度飲みに行きませんか?2人じゃなくてもいいので」

1通目の30分後

「ごめんね、無理なら無理って返事でも大丈夫ですよ」

私はメールが来た時、ちょうど飲み会の最中で、つまりバリバリの定時後に上のようなメールが送られてきていたわけだ。

結論から言うと、キモい。

キモいと感じる理由はいくつかある。

まず話が面白いからって言われても直前に会っていたわけでもないのに何を言ってんだって感じだし、会って話をしてる時もお前から話を振ってきたことないのに何飲みたいとか言ってんだって感じだし、私が仕方なく話を振ってやってる時もリアクション薄いくせに何メールしてきてんだって感じだし、諸々。

あと、とにかく1通目に返事がなかったからと言って2通目を送ってくるところが滅茶苦茶キモい。

「あ、返事がないどうしよう困らせたのかな?」と思って2通目を送ってきてくれたんだとしたら
ご名答、困ってるので最初から送ってこないでもらえますか?

何を思ってメールしてきたのかは分からない。

純粋に私という人間が研究対象としてとても興味深かったのかもしれない。

ありがとう、どんな理由であれ心底迷惑だ。


こういうお誘いは多々ある。

若い女性営業は無料のキャバ嬢とでも思われているのだろう。

そりゃ得意先の人間からしたら、自分より立場が弱くて愛想が良い若い女はね、飲みに誘いやすいだろう。


ただ勘違いしないでほしい。

得意先にいる間、正の感情は一切ない。

あるのは「仕事だから」。

本当にこれだけだ。

自分の財布から出しているわけじゃないから忘れがちになるのかもしれないが、会社間では金銭のやり取りが発生している。

あくまで、仕事のため、金のために、ニコニコと大げさにリアクションを取りながら話を聞き、積極的に会話を繋げようとしているのだ。

「無」だ。

ぶっちゃけ3年間で楽しいと思ったことは片手で数えるくらいしかない。あとは「無」と「苛立ち」。

頼む。

これからも、定時までは取り繕う。

だから、就業後まで侵食してこないでくれ。

貴重なプライベートに、仕事関係者から来る連絡ほど腹が立つものはないんだ。
よく知る社内の人間でもコッソリ罵倒してるんだ。社外の人間なんて脳内でボコボコにしてしまうに決まってる。

頼む。

仕事なんだ。

それ以下はあり得るが、それ以上はあり得ないんだ。

相手が登坂広臣だったら嗚咽しながら諸手を挙げて喜ぶが、そこらへんのおじさんは目に入ったゴミなんだ。


頼むから、私のことを人として好いてくれているのであれば、今以上に商品を買ってほしい。

私はそれが1番嬉しい。

私と飲みに行く金があるなら商品を買ってくれ。

私はそれが1番助かるのだ。

そもそも私は飲み会が大嫌いだ。

どうせなら飲み会ではなくジャパンスネークセンターに誘ってくれ。


それでも私はこのメールに

「返事が遅くなってしまってごめんなさい!嬉しいお言葉ありがとうございます(^^)是非飲みに行きましょう!上司が一緒でも良いですか??」

と返信してしまうのだろうな。


営業なんかクソ食らえだ。


おい妹。

絶対営業なんかになるなよ。

4月6日の話

梨加 それは 私が見た光


欅坂46、デビュー1周年おめでとう。

4thシングル「不協和音」がリリースされた。

正直、前3枚のシングルと比べると、表題曲もカップリングも曲・衣装・MVすべて劣っていると思う。

ただ、「不協和音を音楽番組でパフォーマンスする平手友梨奈」には前作以上に期待している。

きっと、不協和音で私が物足りないと思った部分を全て彼女が覆してくれる。

メンバーも言っていたが、平手友梨奈は同じ曲でも毎回異なるパフォーマンスをしていて、それがどれも素晴らしい。

これからも坂を駆け上る彼女たちに置いていかれないように、退職日を確定させよう。

ベリカ二号機の話

https://youtu.be/cMqtkvq2Tqs


やっぱり渡辺梨加は天才だった。


最高だ。

SINGの話

SING【吹替版】を観てきた。

こんなに辛い映画とは思わなかった…。

開始1時間半が物凄く辛くて、意識が朦朧とした。

その反動で、洗車シーンからミーナの歌唱シーンまで涙が止まらなかった。

が、『早くも続編決定!』という白々しい予告で、続編を見ることはないだろうなと思った。

続編が作れて当たり前の作品だ。

現時点で既に劇場が立ち行かなくなることが明らかだからだ。

もし劇場が再開していなければ字幕版を観る気にもなったが、もう私には無理だ。

さようならSING。
2016年末から楽しみにしていた映画よ…。

モアナの話

25歳初映画はモアナと伝説の海。

特別ディズニー映画が好きなわけではないし、予告も響かなかったので、あまり観に行く気はなかったが、

一個上の職場の先輩♀「(マリンスポーツをやっていたから)海あるあるで共感できて面白かった」

海あるある…?

1番仲の良い同期♀「ユアウェルカーーーーム!!」

ユアウェルカム???

2人「とにかく海が綺麗」

綺麗な海見たい!!行こう!と即決。


感想。


とにかく、めっちゃ、海が綺麗!!!!

海が本当に綺麗だった。冒頭から綺麗な海に感動して涙が出た。

思わず手で口を覆いながら「キレー…」とベタな恋愛ドラマのぶりっ子ヒロインみたいな仕草をしてしまったよ。1人で。

キャラクターも魅力的だったし、ストーリーも予想と違って冒険色が強くて面白かったし、主題歌もちゃんとシーンに合っててとても感動した。

1つ残念なところがあるとすれば、モアナ父とその親友という餌を与えておいて全然掘り下げてくれなかったところ。
萌えたのでね…。

明日から「ありがとう」にはユアウェルカーーーーム!で応えようと思う。

靴の話 その後

数日前、まさかの左右違う靴を履いて出社するというヌケサク行為をしてしまった私だが、その日の午前中には一旦帰宅し靴を履き替えていた。

なので、日中は少しテンションがおかしくなったくらいで、特に何事もなく過ごすことができた。

夜、事件は起こった。

定時後、確認してもらいたい書類があるため、疲れた身体に鞭打ってなかなか戻らぬ上司を待ってパソコンをいじっていたら


スコーン!!!


何の音だ!?は!?足?!とバッと足下を見ると、まさの、ヒールが、ヒールが取れていた。根元から。

しまむらの靴のヒールって、釘で固定されているんだ…と別に知りたくもなかったことを知ってしまった。

事務員さんがたまたま持ってきていた予備の靴を貸してもらえたため、なんとか帰宅できたが、とてもショッキングな1日だった。


ちなみにヒールが取れたのは、靴を履き替えた左足。


今年は左半身に気を付けて生きていこう。

靴の話

今朝の私は漫画の主人公だった。

左右で違う靴を履いて出社してしまったのだ。

家を出て3分ほど歩いたとき、足に少し違和感を覚えた。

「今日はしまむらで出会った私の足にピッタリな靴を履いているのに何故!?」と勢いよく足下を見て愕然とした。

左足だけリボンがついてる……!

原因はいくつかある。

1つは玄関が汚いこと。

散乱した靴達の中から揃いの靴を見つけるのは結構難しい。

2つ目は同じような靴ばかり持っていること。

私はセンスがないので、基本的に黒い靴ばかり履いている。

特に平日に履く、スーツに合う黒いヒールの靴となると、デザインが違うと言っても誤差の範囲だ。

現に、片方だけリボンがついているにも拘らず、誰にも左右違う靴を履いていることを気づかれなかった。

間違えるのもやむなし。

そして、これが1番普段と違う点で今回のマヌケな事件を引き起こした最大の原因だが、とにかくめちゃめちゃ疲れていた。

昨日一昨日と土日が出勤だったこと、先週1週間は色々とやる事が重なって帰宅が遅くなったこと、今日提出の研修で出された課題がなかなか終わらず不安で眠れなかったこと、等々…。


世界が黄色く見えるくらい疲れていた。


とにかく疲れていて、右足が履きたかった靴を履いていることに満足して、左足のリボンには気付けなかったのだ。


24年生きてるとこんなこともあるのか…。


もう二度と間違いがないように、明日は玄関を片付けて、色とりどりの靴を買って、よく眠ろうと思う。