読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帝一の國の話

友人から前売り券を頂いたので、帝一の國を観てきた。


脳が沸騰した。


常時心が叫びたがってるんだ状態で、いつ奇声を発してしまうか気が気じゃなかった。


結論、めっちゃ萌えた。


何と言っても、ポスタービジュアルで一目惚れした大鷹弾…!!!!!!!!!


こんな完璧な男子高校生いるか??

顔良し(短髪より微長髪派、ホクロがセクシー)身体良し(共演者が小柄なこともあり比喩ではなく頭一つ大きい、何故ふんどしにならなかったんだ!!!!!!)頭良しで、おまけに父親が他界していて激貧、忙しく働いてる母の代わりに弟妹の面倒を見るエプロンつけて唐揚げ作る男子高校生!??

いやいや…勘弁してくれ。
最近の少女漫画にもこんな完璧な男子高校生いないのでは?


そして大鷹弾×赤場帝一が止め処なかった。

弾が帝一のピンチに駆けつけるし、帝一が弾に抱きついてそのまま弾がくるくる回ってるし、絶対黙ってるから私にはカミングアウトしてくれ。

弾がドアを蹴破って帝一を迎えに来たシーン、あの瞬間を額縁に入れて飾ろう。
違うことなく白馬の王子様だった。

続編では、弾が「お前がいないとダメだ」「お前を副会長にして良かった」って散々帝一の自尊心を高い高いしまくって最終的に「一生俺を支えてくれ」ってプロポーズするんだっけ?


しかし、赤場帝一、魔性の男だ。男だけど、ファム・ファタールだ…。
既に2人の男(東郷菊馬と榊原光明)が完全に狂わされている。
美美子も…可愛い…可哀想に…。


とにかく、見尽くせないくらい、各地で同時に噴火していて逃げ場がない。

供給過多~!!と絶叫しながら安らかな笑顔で眠りにつける最高の映画。

神様、RYOMA TAKEUCHIにホクロをつけてくれてありがとう!!