読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美人な友達の話

私にはすこぶる美人な友達がいる。


中学からの付き合いなので、もう10年以上友達だが、知り合ってからずーーっと美人だ。


彼女がどれくらい美人かと言うと、全く更新しないFacebookでプロフィール写真を変更するだけでいいね!が70件を超え、大学のミスコンに他薦され、中学生の頃から街中でスカウトされるくらい、美人なのだ。


そんな彼女と一年半ぶりに会った。


私は目元のシワが消えなくてとても悩んでいるが、骨格から美人な彼女は、仕事終わりでも疲れを感じさせない顔をしていて、美人はいつでも美人だなぁと感心した。


しかし、それだけ美人でこの世の真ん中を生きている彼女と、コソコソとブログを書きオードリーのオールナイトニッポン僕のヒーローアカデミアのアニメだけが毎週の楽しみな湿った私が、定期的に2人で食事に行くくらい親しいのか。


何故経験豊富な彼女が経験皆無な私に恋愛の相談をするのか。


それは彼女にしか分からない。


ただ私は、ハイボール片手に彼女の美しい横顔を眺めながら「あなたは結婚式に呼ぶよ。予定はないけどね。」という大変有り難い言葉をかけてもらえる幸せをシミジミと噛み締めながら眠りにつくよ。