読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渡辺梨加の話

渡辺梨加と付き合いたい。


渡辺梨加は「抱きしめたい」と「抱きしめられたい」が両立する。



そうだ、私は渡辺梨加に2つの相反する感情を抱いている。

それが「抱きしめたい」と「抱きしめられたい」

何でも言うことを聞いてあげたいし、ワガママを受け止められたいと思っている。

彼女のことはみんな甘やかしたいと思うだろう。

フワフワと掴み所がなく、いつでも穏やかで可愛いのだから、ただそこに居て微笑んでくれていればそれでいい。彼女が笑ってくれるなら、どんなことでもしてみせる。

それに、彼女はきっと多くのことは望まない。そこが余計に唆るのだ。

高校時代、友達から「梨加はうちらが守る!」「梨加と付き合う男は超イケメンで超良い奴じゃないとなんかヤダ」と言われていたと思う。

私の彼女に対する思いはまさにユーミンの「守ってあげたい」

一方で彼女に甘やかされたいとも思っている。

彼女は心が優しく懐が広い。
きっと多少の愚痴を言っても微笑んで聞いてくれるし、彼女の微笑みを見ていたら愚痴を言う気が薄れるだろう。

また、彼女は容姿端麗ですらりと背が高く、さらに肩幅が意外としっかりしている。肩幅がない人間からすると、肩幅のしっかりした女性には安心感を抱かずにはいられない。

私は彼女よりも4つ年上だが、「綺麗なお姉さんに甘やかされたい」という願望は、女性でも心の奥底で持っているはずだ。少なくとも私にはある。

正月にインフルエンザにかかったが、もし彼女が「大丈夫だよ」と声をかけて手を握ってくれたら、2日で治っていただろう。

まだ もうちょっと 甘えていたい/W


ああ、早く生身の彼女に会って、このくだらない妄言をぶち壊してほしいものだ。