去年の冬、きみと別れの話

去年の冬、きみと別れを観た。

 

とても面白かった。

 

予告やポスターで「裏切られる」連呼されてたし、劇中でもヒントをいっぱい落としてたけど、それでもラストはおお〜ってなったし、ハナから不穏な空気が漂ってるから却って安心して観れて良かった。

 

なにより、今日本で一番何でも持ってる男こと岩田剛典様がついにご自身の魅力を発揮できる作品に巡り会えたことが、嬉しい!!

そりゃ監督からの手紙に泣いちゃうよね。

 

あの、普段は自分を完璧にコントロールして、どこまでも自分を俯瞰で見てて、求められる自分を下々の者に提供してくれる男が、1つの出来事をきっかけに狂ってく様子、たまりませんな…。

 

自分を見せない人だからこそこっちは狂気を隠し持っててほしい!って望んじゃう〜〜。そしてやっぱりそういう役がハマってたよ〜〜〜〜〜。最高。

子犬のような目でストーカー行為やってるから本当にゾッとする。最高。

 

あと、中園恭介と吉岡亜希子の並びがすっごくしっくりきて、感動した。

 

わたしは岩ちゃんってハイローみたいに男と対峙してる時の方が魅力的な人と思ってて、今までどんな女優さんと並んでてもなんだかチグハグな感じがしてたんだけど、今回本当にお似合いでナチュラルで「これは〝彼氏彼女〟だ…」って感動した。幸せな2人で一本撮ってほしい。

 

他の出演者の方々もみなさん湿り気があって…作品と演者がマッチして良作になった映画だった。

裏切られなくてもまた観たい。

 

ただし、次観るときは絶対にエンドロールが始まる前に帰る。2018年度エンドロール前に席を立った人間が優勝賞グランプリ受賞候補筆頭。許されないことをした。

 

これから冬きみ観る人はエンドロール前に帰ってちゃんと余韻に浸れますように…。アーメン。

曇天に笑うの話

曇天に笑うを観た。

 

開始1時間はその世界観に脳と身体を慣れさせることに精一杯だったけど、違和感がなくなってからは結構面白かった。

 

福士くんの、「根明、でも実は仄暗い秘密あり」がむっちゃ似合う力が遺憾なく発揮されてた。例)ちょいやめヤマモト

 

そりゃ実写の主人公の話きちゃうよね〜主人公だもんな〜

 

インスタの女王にギィィ〜〜〜〜っとした人は絶対に曇天の福士くんの腹筋見てほしいな。最高。腰細くて綺麗な逆三角形!厚みはちょっと足りないけどそこも主人公感が増してイイ!!最高。

 

あと、湯上りスタイルの福士くんがエロい。マジ。そして守り刀の封印解くところから、より一層色気が出るというか、もはや美少女になる。カワイイ。町一番の美少女。

 

もちろん、前評判通り、戦闘シーンも良い!

(曇天に笑うがアクション大作かどうかはさておき)

空丸と稽古してるときの鮮やかな身のこなし、ぜひHiGH&LOW新シリーズにご出演いただきたい。コスプレ好きな好青年で真性サディストみたいな役やってほしい。?

 

曇天に笑う福士蒼汰サイコームービー。

 

 

かつ、色んな関係の男2人が見れる男だらけサイコームービー。

 

与えられるがまま、ありのまま噛みしめた。

 

向かい合う男2人だけが映し出される時が結構あって、その度にキスチャンスだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!ってワクワクした。ないんだけど。

 

どんな需要にも対応できるくらい男2人が詰まってたから日を改めてまた観たい。気分によってイチオシが変わってくると思う。それくらいどこを切り取っても良かった。

 

 

しかし、春休み期間中の祝日でレディースデイはえげつない人の量だ…。

 

空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎の話

空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎」観た。

 

なんだこのとんでもチャイニーズファンタジーホラー映画…。

 

邦題詐欺にあった。

 

主人公空海じゃない。化け猫。化け猫の一生じゃん。

 

冒頭に猫が喋った時点で「思ってたのと違う!!!!!!!!」ってなって、そっから最後まで思ってたのと違った。
あらすじくらい把握しておけばよかった。これから観るひとは全員あらすじ読んでから行ってほしい。びっくりしちゃうから。映画館にびっくりの空気流れてたから。みんな戸惑ってた。年齢層高めな客席だったし余計に。

 

こっちがどうやってこの映画を楽しもうかを必死に模索してるときに、勝手に話が進んでて、勝手に謎にたどり着いてんだよ。こっちはまだ謎だと思ってないんだよ!なにが謎なんだよ!

 

カンフーヨガもびっくりすると思う。カンフーヨガからカンフーとヨガを抜いたような話。

つまり、無。

一体何を見せられていたのか。

 

でも面白かったっちゃ面白かった。

終始男2人の物語なので…。

実質空海と白楽天デートムービー。2人がわちゃわちゃ長安を楽しんでる様子が見れる!そこは評価したい。

 

男2人、義兄弟もあるしね。

正確には義兄弟ではないけど、まあほぼ義兄弟。

めっちゃ良い〜〜〜!!!って叫びたかったけど、良識があるから鼻息だけでおさめた。

めっちゃ良かった。

 

あと、なんといっても豪華だった。すっごい豪華。

セットがすごくて…話はよく分からないけどそっちに騙されて高揚した。

極楽の宴のシーンは間違えてグレイテスト・ショーマンのスクリーンに入っちゃった?って思った。 

 

こう考えると良いところもたくさんある映画だったんだな。

理解できなかったのはパディントン2の成功体験から私がおおまかな内容すら把握せず突撃したせいです。

話を理解した今こそ、空海を見るべきなんだ。

 

 

空海を見よう。

パディントン2の話

パディントン2を観た。

 

そうですね…だいたい1時間くらい泣いてました。

1のときは冒頭でおじさんが亡くなるという衝撃展開以外は平常心で楽しめたのに、2は知らぬ間にストレス抱えてたのかな?って不安になるくらい心が動いて涙がでた。

 

序盤は、パディントンの純粋さが眩しくて泣けて、

冤罪で逮捕されてからは、善良な子グマが悪い奴に陥れられたことが辛すぎて泣いて、 

最後はしっかりハッピーエンドで、予想通りだったけど気づいたら泣いてた。

 

私もパディントンと関わって、心洗われる体験して〜〜〜〜〜。

あの街に住んでる人たちが羨ましいよー。

てかブラウン家の一員になりたいよ。

 

話がめちゃ面白くて笑いどころも泣き所もあるし、伏線回収が鮮やかで気持ちよかったし、映像綺麗だし、松坂桃李も引き続き良い声で、斎藤工はいっそ転職を勧めたいくらい上手くて、完璧だった。

 

END OF SKYといい、ミニオン大脱走といい、刑務所モノは成功するジンクスでもあるのかしら?

 

今回は吹替で見たから、字幕でも見ようと思う。

見つかった財宝が結局どうなったのか覚えてないしね…もしかしたらどうもなってないのかもしれないけど…。

勝手にふるえてろの話

勝手にふるえてろ見た。


共感半分、無共感半分って感じの話だった。(25歳女性)
無共感って言葉あるのか知らんけど。

見る前はもっと打ちのめされるかな〜と思ってたから、特に心乱されることなく見れて一安心。


同じ拗らせイタイタ女だからこそ、ヨシカに対して「へ?」って思うことが結構あって、それが私を冷静にさせた。

もーとにかくこれだけはマジでドン引いたんだけど、他人の名前で勝手にSNSのアカウント取得て、正気か!?しかも写真使って!?
もしかしてこれどこかの世界では日常的に行われてるの?だとしたら怖すぎる…。

さらにそれのお咎めがなかったことにドンドン……………ドン引いたんだけど、原作では制裁されてると信じていいんだよね?

あれは…最悪でしょ…あれでこの先のヨシカがハッピーエンドだったら私が3億円当選しないと世の中のハッピーバランス狂ってる。あれはダメ!

イチに名前忘れられてたことにショック受けてたけど、あれも謎かった。
私はむしろラッキーじゃん!?って思ってしまった。やり直せるじゃん!!暗黒の高校時代を亡き者にできるじゃん!向こうからそのチャンスくれるとかラッキーじゃん!!って。
でもあんだけイチとの思い出を反芻反芻してる女だからショック受けるか…。
自分のこと凄い好きそうヨシカ。

あとー、二の、「左胸に赤い付箋つけてたから」ヨシカが気になって好きになったって理由、めちゃ良くない!?!?
その理由を言われた人間、日本にいる??いや世界にいる?
なんてオリジナリティに溢れた好きの理由なのー!羨ましい!言われたらフヘヘ…ってなる。

二は確かに、ヨシカと出会うためにみんなに協力してもらって飲み会開いたり、酔って吐いたり、エレベーターの中までついてきたり、めちゃキモな部分も多々あるんだけど、でも「かたじけない」っていう言葉遣いだったり、年賀状だったり、お弁当箱洗って返してくれたり、全然良いんだよね…。可愛いんだよね…。

しかもエンドロール、知らずに見たから主題歌歌ってる人で度肝抜かれたんだよ。
騙されたーーー!!!ってなったんだよ。

二、良いんだよ…。
もちろんイチも良いんだよ…。
課長も良いんだよ…。
高杉くんは厳しい。


全編を通して、ヨシカ、行動の緩急が私には理解できなくて困惑した。
嘘産休とか…。
カフェの店員に話しかけられないのに、同じカフェによく行ってるとことか…。

まあ、こんな風に映画の登場人物の行動にまで色々考える女は勝手にふるえてろって話だな。

人を傷つけないように拗らせよう…。


内容と関係ないけど、25歳の同窓会には見えなかったのも気になった。
20歳の同窓会って設定だったら、あんなにリアルな架空同窓会見たことないけど。

オリエント急行殺人事件の話

オリエント急行殺人事件観た。

 

原作読まず、ネタバレ読まず、前評判も入れずの万全の状態だったんだけど、「アームストロング事件」が出てきた瞬間に大体犯人わかっちゃったよね。

こっちは相棒で鍛えてますから!

 

そんなわけで話はめちゃくちゃ面白いわけではなかったんだけど、映像がめちゃくちゃ綺麗だったのでとっても良かった。

年末に見て良かった。

心が洗われるような雪山を走る豪華な列車に、イケてるヒューマン達が乗ってるなんて、最高!

 

ポアロさんの瞳の色が吸い込まれるような琥珀さん色で、素敵だった〜!

ヒゲも可愛くて可愛かった〜!

ラチェットの部屋のドアノブを杖で破壊するとこたまらなかった〜!

 

あとやっぱり…ブークとポアロさんが…。

言わずもがな…。

2人は今後進展するの?

するなら小説読むけど。オリエント急行殺人事件ってシリーズ物の1つよね??

 

最後ポアロさんが電車降りて先頭に向かって歩いていくとこでブークとぶつかって「何故君も降りたんだ?」「その答えをこれから探しに行くのさ」「「ヘヘヘッ」」ってオードリーみたいな掛け合いしたあと2人で車に乗り込んでエジプトに向かったから、次も楽しみ!!!

 

楽しみにしてます!!!!

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダーの話

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」ようやく観た。

 

仮面ライダーは、弦ちゃん達が開いた理事長からの卒業式と時期を同じくして卒業したはずなんだけど、まあそのまさにドハマリしてたフォーゼ、そしてオーズが出るとなっちゃ、そりゃ観るよ。青春スイッチ押すよ。

 

約3ヶ月間でオーズフォーゼを見返し、ガイムゴーストエグゼイド(+Wドライブ)を履修、そしてビルドの録画を消化して挑んだ平ジェネ。

 

面白かったーーーーッ。

頑張って準備した甲斐があった。

 

世界がくっつくって設定ナイスだよね。

違和感の違和感がない!

(仮面ライダー見返してる間もし私が仮面ライダー作るとしたら仮面ライダーパラレルだなーと思ってたからある意味その妄想が叶ってしまった)

 

ビルド。

1話は「????」だったけど話が進むほど面白いライダー。

戦兎が不思議ちゃんかつ賢い男だから、その分万丈龍我が主人公でヒロインだった。いやお前が飛ばされるんかい!お前がコーヒー淹れるの下手なんかい!なんで髪型可愛いんだ!顔も可愛い!そんで仮面ライダークローズはめっちゃカッコいい!!龍!!かっけー!!

 

万丈龍我が財団Xの研究所で「なんで戦えるんだよ!?」と問いかけた相手がこの面子の中でも戦う理由が明確な永夢と火野映司ってのがもう!バカバカ!

その二人は命救われて感謝してる人と命救えなくて後悔してる人だからちょっと参考にならないよー!と思ったけど他の3人は成り行きに疑問を抱かず本能的な部分で戦ってるとこあるから余計に参考にならないかも…。

 

とにかくわたしも「なんで無関係の人のためにそんなに必死に戦えるんだよ!」とよく思うから、万丈龍我がその疑問を持って悩んで自分なりに答えを見つけて戦う姿に9610点。

 

最後なぜか戦兎と万丈龍我が2人で1つのベッドに寝てた(事実)のを見たときは心がざわついた。惑わせるのはやめてくれ!

 

エグゼイド。

ああ……ああ好きみんな好き。

階段の救護シーン、あそこに一年を通して成長したエグゼイドキャラクターの魅力がすべて詰まってた。あの流れるような美しい連携を何回でも見て感動したい。チーム医療だ!

パラドがここに来てまだ株を上げてきて怖い。「エム!(屈託のない笑顔)」が母性本能をくすぐってきて、今になって萌え袖に萌えたぎってきて、しみじみ愛おしい。エムのために異世界に飛ばされちゃうの愛おしい。そのエムがますます勇ましい頼り甲斐のある男になっててグッッときた。かっこいい。

推し・社長の最推しシーンは、ラストにキリヤにどつかれるところー♡

 

レジェンドライダーたち。

火野映司、最初は大人になりすぎてて困惑したんだけど、アンクが現れた瞬間にあの頃の火野映司になってマジでマジで感動した。声が違うんだもん!アンクに話しかけた声が火野映司だったんだもん!!その声聞いた瞬間たまらなくなって泣いた。

てか一番古いのにオーズ優遇されすぎててビビった。たしかに実質オーズ映画だ。テレビシリーズの終わり方を壊さずに夢を見させてくれる出演で、より寂しくなったけど嬉しかった。掴めなかった手を今回は掴めたんだから!!希望が持てた。科学の力が進歩すれば映司とアンクの明日も叶う!がんばれ!!

しかし登場シーンかっこよすぎて、相変わらず悪気なく良いところを持っていってしまう罪な男やな〜〜〜〜〜〜と。それなのにアンクには「相変わらずボロボロだな」とか言われちゃうんだ〜〜〜〜〜はーーーーー。火野映司…。

 

弦ちゃんは最初から最後までずっと弦ちゃんだった。全然変わってない!!!弦ちゃんだ!

弦ちゃん出ると画面がより一層明るくなるんだよなー。さすがスーパー陽の主人公。

弦ちゃんが大杉先生の後輩になるなんて、なんとかして新天高でシリーズ一本作れないものですかね…。偉い人おねがい…。

平ジェネのキャラクター紹介読んだ時からウフフと思ってたけど、劇中でもユウキと賢吾の名前が出てきて嬉しかった!!仮面ライダー部は永遠!!仮面ライダー部大好き!!!

ロシアに行った理由は聞き取れなかったけど!宇宙飛行士になったユウキのサポートをする賢吾を見送りにロシアに行ったって聞こえたけど!!あってる!?!?あってたとしたら意味わからないから映像化してください!映像化無理だろうからそこだけ小説にしてください!

 

ガイムとゴーストはあまりハマらなかったんだけど、こういう形で登場されるとジーンとくる…!!特にカチドキアームズはやっぱりカッコいいし強そうだった!

タケル殿がパツキンJKを、御成が坊主を辞めた理由は映画を見ればわかるのかな??

時間なくて映画まで手が回らなかったことをひたすら後悔。

 

この世界に仮面ライダーがいてくれると思うと、人生楽しい。

また観るねーーー!!