読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レゴバットマン ザ ムービーの話

レゴバットマン ザ ムービーを観た。

何故この映画を観たのか。

それは勿論ツイッターで「レゴバットマンはBL」という感想を見かけたからだ。

私の行動原理は常に「そこに萌えがあるか」

萌えたい!という純粋な情熱が、私を日曜朝6時に起こし、朝8時からの回に赴かせる。


そんなワクワクを胸に観た、感想。


バットマン×ジョーカーだった。

なんて良質なBLなんだ!ありがとう!

ジョーカーの誘い受けっぷりに度肝を抜かれた。

「お前の特別は俺だろ!?」「お前に俺の気持ちは分からない」「俺に嫌いって言えよ!!」「俺の方が嫌いだ…!」
興奮していて記憶が曖昧だが、大体ずっとこんな事を言っていたと思う。

レゴバットマン ザ ムービーは、バットマンジョーカーの気持ちを受け入れ、また自分の素直な気持ちを認める物語だった。
ハッピーエンドに涙が出た。

ナルシストでお子ちゃまなバットマンの父性が開花する過程も良かった。

先日読んだ本で「男はウルトラマン思考」と書いてあり、バットマンは完全にウルトラマンだなーと思いながら見ていて、まあバットマンバットマンというスーパーヒーローなのだが、そんなバットマンに自分を尊敬して全幅の信頼を寄せてくれる息子が居ることって、今後もバットマンがヒーローであり続けるためにすごく大事なんじゃないかなぁとそこにも涙…。

とにかく今後のロビン×バットマンに大いに期待。


しかし、バットマン琥珀さん/ジョーカー=九十九さんだった。

過去のトラウマに囚われて周囲の人間の思いを受け止められない所とか、それでも何度でも諦めずに説得する所とか。

バットマンがロビン達を犬みたいな可愛い乗り物に乗せて避難させた後に1人でジョーカーの元へ行った後の、あのバットマンジョーカーのシーン、あれは完全にHiGH&LOW THE MOVIEだった。

大勢vs大勢で大乱闘するシーンもあるし、レゴバットマン ザ ムービー自体が実質HiGH&LOW THE MOVIEだったのかもしれない。

チア☆ダンの話

チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜を観た。

良かった。

まあ、サブタイトルを見ればストーリーは全部分かるんだけど、試合のハラハラ感があまり好きではない私は逆に安心して見ることができた。

若い女の子が頑張ってる姿は、良い!

本当に一生懸命練習したんだろうなと思うと、自然と涙が溢れた。

そしてやはり広瀬すずは凄い…。

綺麗な顔をしているので、髪の毛を引っ詰めたり、皆と同じ格好をすると、逆に埋もれてしまって、チアダンス中はあまり目立たなかったように思う。

でも、彼女の、少しだけ横を向いた時の、あのスーーッと通った鼻筋を見ると、「しゅ、主人公だーーーー!!」と恐れおののく。

演技のことは分からないけど、彼女の演技は最大公約数で、多分多くの人に共感されるものなんじゃないかと思う。

「その表情!その言い方!それだ!!!!それが見たかったんだ!!」と思うシーンが多々あったのだが、こんな素人が考えつく演技を演技と思えない自然さでこなしていく彼女はまさに女優だと思う。

彩乃(中条あやみ)×ひかり(広瀬すず)も非常にバランスが良かった。
「ひかりは私の希望の光だよ」って言ってたよね?私の心には聞こえてきた。

なんとなく、サブタイトルで損をしているような気がするので、上映が終わる前に身近な人間に勧めたい。


…ただ1つ。

広瀬すず、茶髪はやめてくれ!!!!!

私が見た「ベリカ二号機」の話

ラストの屋上のシーン


初号機「やっぱりここにいた」


二号機「何しに来たの、今更」


初号機「確かに私は、貴女みたいに完璧にはなれない!でも私は、私だからなれるアイドルになりたいの!」


二号機「トークもできない、ブログもろくに書けない、そんな貴女がどんなアイドルになれるって言うの」


ベリカ初号機「私はできないことばっかり。でも私はできないからこそ色んな人が応援してくれるの!そうやって応援してくれる人がいるから、その人たちに応えなきゃって思えるから、私は頑張れるの!最初から完璧じゃなくて、応援してもらわなきゃ何もできない、私だから出来ることがあるんじゃないかって、そう思ったの。
それに私、こう見えてギャグだって持ってるし、結構手脚長いし、あとは、あとは、あれ、何だっけ…」


二号機「フフッ…分かったわ。もうちょっとだけ貴女がどんなアイドルに成長するのか見届けてあげる。でも覚えといて、貴女に見切りをつけた時はまた私が現れるってことを」


そう言って屋上から立ち去ろうとする二号機。


パァンッ

パンパンパンパンパンパンッ

ドサッ


初号機「………バーカ」


二号機が最期に見たのは、銃を握り穏やかな笑みを浮かべるベリカ初号機の姿だった。


~fin~


私の中でのベリカ二号機はこうだった。
(ロボットって銃で倒せるのか?)

本人に限りなく近いキャラクター演技系個人PVでも、同じくtypeBに収録されている守屋茜軍曹のパーフェクト寝起きドッキリはイメージとフィクションの割合が絶妙で、軍曹がとても可愛く魅力的に見えたのに。

何故こんなことになってしまったのだろう。

何故、何故梨加ちゃん本人に「私もこんな風に喋れたらな…」「私は私なりに頑張ってたんだけどな」「私は何もできない」「できないから応援してくれるの!」などと言わせてしまったのだろう。

渡辺梨加の「頻繁に奇跡を起こす」「細かく指示されたことは想像以上に上手くこなす」というサイコな部分が、ロボットというSF設定に非常にマッチしていて、予告の段階ではとても楽しみだったのに。

私は悲しい。

渡辺梨加に自分がポンコツだと言わせ、肯定させたことが悲しい。

これが個人PVになってしまったことが悲しい。

渡辺梨加本人が賛否どちらの感情を持って演じていても悲しい。どう転んでも悲しい。

悲しいけれど、二号機を演じる声が低い梨加ちゃんが好きだから何度も見てしまう。
二号機の無感情な物言い、素直に興奮する。

ああ、これから渡辺梨加の個人PVを担当される方は、どうか、パブリックイメージのみに引き摺られず、本人の可能性を引き出して欲しい。

贔屓目は勿論バリバリあるが、彼女は化け物だ、と思う、たぶん。

なんにせよ、スマホや鞄の持ち手を握る渡辺梨加の大きな手は本当に綺麗なので必見だ。

2通目のメールの話

得意先のアラフォー男性から2通のメールが来た。

「私さんは話が面白いですよね。今度飲みに行きませんか?2人じゃなくてもいいので」

1通目の30分後

「ごめんね、無理なら無理って返事でも大丈夫ですよ」

私はメールが来た時、ちょうど飲み会の最中で、つまりバリバリの定時後に上のようなメールが送られてきていたわけだ。

結論から言うと、キモい。

キモいと感じる理由はいくつかある。

まず話が面白いからって言われても直前に会っていたわけでもないのに何を言ってんだって感じだし、会って話をしてる時もお前から話を振ってきたことないのに何飲みたいとか言ってんだって感じだし、私が仕方なく話を振ってやってる時もリアクション薄いくせに何メールしてきてんだって感じだし、諸々。

あと、とにかく1通目に返事がなかったからと言って2通目を送ってくるところが滅茶苦茶キモい。

「あ、返事がないどうしよう困らせたのかな?」と思って2通目を送ってきてくれたんだとしたら
ご名答、困ってるので最初から送ってこないでもらえますか?

何を思ってメールしてきたのかは分からない。

純粋に私という人間が研究対象としてとても興味深かったのかもしれない。

ありがとう、どんな理由であれ心底迷惑だ。


こういうお誘いは多々ある。

若い女性営業は無料のキャバ嬢とでも思われているのだろう。

そりゃ得意先の人間からしたら、自分より立場が弱くて愛想が良い若い女はね、飲みに誘いやすいだろう。


ただ勘違いしないでほしい。

得意先にいる間、正の感情は一切ない。

あるのは「仕事だから」。

本当にこれだけだ。

自分の財布から出しているわけじゃないから忘れがちになるのかもしれないが、会社間では金銭のやり取りが発生している。

あくまで、仕事のため、金のために、ニコニコと大げさにリアクションを取りながら話を聞き、積極的に会話を繋げようとしているのだ。

「無」だ。

ぶっちゃけ3年間で楽しいと思ったことは片手で数えるくらいしかない。あとは「無」と「苛立ち」。

頼む。

これからも、定時までは取り繕う。

だから、就業後まで侵食してこないでくれ。

貴重なプライベートに、仕事関係者から来る連絡ほど腹が立つものはないんだ。
よく知る社内の人間でもコッソリ罵倒してるんだ。社外の人間なんて脳内でボコボコにしてしまうに決まってる。

頼む。

仕事なんだ。

それ以下はあり得るが、それ以上はあり得ないんだ。

相手が登坂広臣だったら嗚咽しながら諸手を挙げて喜ぶが、そこらへんのおじさんは目に入ったゴミなんだ。


頼むから、私のことを人として好いてくれているのであれば、今以上に商品を買ってほしい。

私はそれが1番嬉しい。

私と飲みに行く金があるなら商品を買ってくれ。

私はそれが1番助かるのだ。

そもそも私は飲み会が大嫌いだ。

どうせなら飲み会ではなくジャパンスネークセンターに誘ってくれ。


それでも私はこのメールに

「返事が遅くなってしまってごめんなさい!嬉しいお言葉ありがとうございます(^^)是非飲みに行きましょう!上司が一緒でも良いですか??」

と返信してしまうのだろうな。


営業なんかクソ食らえだ。


おい妹。

絶対営業なんかになるなよ。

4月6日の話

梨加 それは 私が見た光


欅坂46、デビュー1周年おめでとう。

4thシングル「不協和音」がリリースされた。

正直、前3枚のシングルと比べると、表題曲もカップリングも曲・衣装・MVすべて劣っていると思う。

ただ、「不協和音を音楽番組でパフォーマンスする平手友梨奈」には前作以上に期待している。

きっと、不協和音で私が物足りないと思った部分を全て彼女が覆してくれる。

メンバーも言っていたが、平手友梨奈は同じ曲でも毎回異なるパフォーマンスをしていて、それがどれも素晴らしい。

これからも坂を駆け上る彼女たちに置いていかれないように、退職日を確定させよう。

ベリカ二号機の話

https://youtu.be/cMqtkvq2Tqs


やっぱり渡辺梨加は天才だった。


最高だ。

転職活動を始めましたの話

転職活動を始めた。


入社した時から転職サイトを眺めるのが日課だったが、ようやく「石の上にも三年」が終わるので、踏み切ってみることにした。

そして今日、初めて面接を受けてきた。

面接場所に通されると、既に女性が1人。

まさかの集団面接。
面接官も2人だったので、まあ、マンツーマン面接か。

予想外の質問をされることなく、表面上滞りなく進んでいった、ただ一点を除いては。


~面接途中~


一緒に面接を受けた彼女「産休や育休等の取得率を教えてください。」

面接官「私も取ったことがありますし、希望した人間はみんな取れています。」

私「(私には関係のないことだ…ボケー)」

彼女「長く働きたいと思っているので良かったです。ありがとうございます。」

面接官「ちなみに私さんはそういった…」

私「!?結婚や出産等の予定は一切ございません!!!!」

面接官「あ、そうでなくて、長く働きたいという意味で…」

私「あ、あ、あ、え、それは、それはそれは勿論です…」

面接官2人「(苦笑い)」
彼女「(哀れみの眼差し)」


☆本日の教訓
質問は最後まで聞きましょう。


ただそれで笑いを取れたのが功を奏したのか、次の面接に進めることになった。

世の中まだまだ捨てたもんじゃない。