パディントン2の話

パディントン2を観た。

 

そうですね…だいたい1時間くらい泣いてました。

1のときは冒頭でおじさんが亡くなるという衝撃展開以外は平常心で楽しめたのに、2は知らぬ間にストレス抱えてたのかな?って不安になるくらい心が動いて涙がでた。

 

序盤は、パディントンの純粋さが眩しくて泣けて、

冤罪で逮捕されてからは、善良な子グマが悪い奴に陥れられたことが辛すぎて泣いて、 

最後はしっかりハッピーエンドで、予想通りだったけど気づいたら泣いてた。

 

私もパディントンと関わって、心洗われる体験して〜〜〜〜〜。

あの街に住んでる人たちが羨ましいよー。

てかブラウン家の一員になりたいよ。

 

話がめちゃ面白くて笑いどころも泣き所もあるし、伏線回収が鮮やかで気持ちよかったし、映像綺麗だし、松坂桃李も引き続き良い声で、斎藤工はいっそ転職を勧めたいくらい上手くて、完璧だった。

 

END OF SKYといい、ミニオン大脱走といい、刑務所モノは成功するジンクスでもあるのかしら?

 

今回は吹替で見たから、字幕でも見ようと思う。

見つかった財宝が結局どうなったのか覚えてないしね…もしかしたらどうもなってないのかもしれないけど…。

勝手にふるえてろの話

勝手にふるえてろ見た。


共感半分、無共感半分って感じの話だった。(25歳女性)
無共感って言葉あるのか知らんけど。

見る前はもっと打ちのめされるかな〜と思ってたから、特に心乱されることなく見れて一安心。


同じ拗らせイタイタ女だからこそ、ヨシカに対して「へ?」って思うことが結構あって、それが私を冷静にさせた。

もーとにかくこれだけはマジでドン引いたんだけど、他人の名前で勝手にSNSのアカウント取得て、正気か!?しかも写真使って!?
もしかしてこれどこかの世界では日常的に行われてるの?だとしたら怖すぎる…。

さらにそれのお咎めがなかったことにドンドン……………ドン引いたんだけど、原作では制裁されてると信じていいんだよね?

あれは…最悪でしょ…あれでこの先のヨシカがハッピーエンドだったら私が3億円当選しないと世の中のハッピーバランス狂ってる。あれはダメ!

イチに名前忘れられてたことにショック受けてたけど、あれも謎かった。
私はむしろラッキーじゃん!?って思ってしまった。やり直せるじゃん!!暗黒の高校時代を亡き者にできるじゃん!向こうからそのチャンスくれるとかラッキーじゃん!!って。
でもあんだけイチとの思い出を反芻反芻してる女だからショック受けるか…。
自分のこと凄い好きそうヨシカ。

あとー、二の、「左胸に赤い付箋つけてたから」ヨシカが気になって好きになったって理由、めちゃ良くない!?!?
その理由を言われた人間、日本にいる??いや世界にいる?
なんてオリジナリティに溢れた好きの理由なのー!羨ましい!言われたらフヘヘ…ってなる。

二は確かに、ヨシカと出会うためにみんなに協力してもらって飲み会開いたり、酔って吐いたり、エレベーターの中までついてきたり、めちゃキモな部分も多々あるんだけど、でも「かたじけない」っていう言葉遣いだったり、年賀状だったり、お弁当箱洗って返してくれたり、全然良いんだよね…。可愛いんだよね…。

しかもエンドロール、知らずに見たから主題歌歌ってる人で度肝抜かれたんだよ。
騙されたーーー!!!ってなったんだよ。

二、良いんだよ…。
もちろんイチも良いんだよ…。
課長も良いんだよ…。
高杉くんは厳しい。


全編を通して、ヨシカ、行動の緩急が私には理解できなくて困惑した。
嘘産休とか…。
カフェの店員に話しかけられないのに、同じカフェによく行ってるとことか…。

まあ、こんな風に映画の登場人物の行動にまで色々考える女は勝手にふるえてろって話だな。

人を傷つけないように拗らせよう…。


内容と関係ないけど、25歳の同窓会には見えなかったのも気になった。
20歳の同窓会って設定だったら、あんなにリアルな架空同窓会見たことないけど。

オリエント急行殺人事件の話

オリエント急行殺人事件観た。

 

原作読まず、ネタバレ読まず、前評判も入れずの万全の状態だったんだけど、「アームストロング事件」が出てきた瞬間に大体犯人わかっちゃったよね。

こっちは相棒で鍛えてますから!

 

そんなわけで話はめちゃくちゃ面白いわけではなかったんだけど、映像がめちゃくちゃ綺麗だったのでとっても良かった。

年末に見て良かった。

心が洗われるような雪山を走る豪華な列車に、イケてるヒューマン達が乗ってるなんて、最高!

 

ポアロさんの瞳の色が吸い込まれるような琥珀さん色で、素敵だった〜!

ヒゲも可愛くて可愛かった〜!

ラチェットの部屋のドアノブを杖で破壊するとこたまらなかった〜!

 

あとやっぱり…ブークとポアロさんが…。

言わずもがな…。

2人は今後進展するの?

するなら小説読むけど。オリエント急行殺人事件ってシリーズ物の1つよね??

 

最後ポアロさんが電車降りて先頭に向かって歩いていくとこでブークとぶつかって「何故君も降りたんだ?」「その答えをこれから探しに行くのさ」「「ヘヘヘッ」」ってオードリーみたいな掛け合いしたあと2人で車に乗り込んでエジプトに向かったから、次も楽しみ!!!

 

楽しみにしてます!!!!

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダーの話

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」ようやく観た。

 

仮面ライダーは、弦ちゃん達が開いた理事長からの卒業式と時期を同じくして卒業したはずなんだけど、まあそのまさにドハマリしてたフォーゼ、そしてオーズが出るとなっちゃ、そりゃ観るよ。青春スイッチ押すよ。

 

約3ヶ月間でオーズフォーゼを見返し、ガイムゴーストエグゼイド(+Wドライブ)を履修、そしてビルドの録画を消化して挑んだ平ジェネ。

 

面白かったーーーーッ。

頑張って準備した甲斐があった。

 

世界がくっつくって設定ナイスだよね。

違和感の違和感がない!

(仮面ライダー見返してる間もし私が仮面ライダー作るとしたら仮面ライダーパラレルだなーと思ってたからある意味その妄想が叶ってしまった)

 

ビルド。

1話は「????」だったけど話が進むほど面白いライダー。

戦兎が不思議ちゃんかつ賢い男だから、その分万丈龍我が主人公でヒロインだった。いやお前が飛ばされるんかい!お前がコーヒー淹れるの下手なんかい!なんで髪型可愛いんだ!顔も可愛い!そんで仮面ライダークローズはめっちゃカッコいい!!龍!!かっけー!!

 

万丈龍我が財団Xの研究所で「なんで戦えるんだよ!?」と問いかけた相手がこの面子の中でも戦う理由が明確な永夢と火野映司ってのがもう!バカバカ!

その二人は命救われて感謝してる人と命救えなくて後悔してる人だからちょっと参考にならないよー!と思ったけど他の3人は成り行きに疑問を抱かず本能的な部分で戦ってるとこあるから余計に参考にならないかも…。

 

とにかくわたしも「なんで無関係の人のためにそんなに必死に戦えるんだよ!」とよく思うから、万丈龍我がその疑問を持って悩んで自分なりに答えを見つけて戦う姿に9610点。

 

最後なぜか戦兎と万丈龍我が2人で1つのベッドに寝てた(事実)のを見たときは心がざわついた。惑わせるのはやめてくれ!

 

エグゼイド。

ああ……ああ好きみんな好き。

階段の救護シーン、あそこに一年を通して成長したエグゼイドキャラクターの魅力がすべて詰まってた。あの流れるような美しい連携を何回でも見て感動したい。チーム医療だ!

パラドがここに来てまだ株を上げてきて怖い。「エム!(屈託のない笑顔)」が母性本能をくすぐってきて、今になって萌え袖に萌えたぎってきて、しみじみ愛おしい。エムのために異世界に飛ばされちゃうの愛おしい。そのエムがますます勇ましい頼り甲斐のある男になっててグッッときた。かっこいい。

推し・社長の最推しシーンは、ラストにキリヤにどつかれるところー♡

 

レジェンドライダーたち。

火野映司、最初は大人になりすぎてて困惑したんだけど、アンクが現れた瞬間にあの頃の火野映司になってマジでマジで感動した。声が違うんだもん!アンクに話しかけた声が火野映司だったんだもん!!その声聞いた瞬間たまらなくなって泣いた。

てか一番古いのにオーズ優遇されすぎててビビった。たしかに実質オーズ映画だ。テレビシリーズの終わり方を壊さずに夢を見させてくれる出演で、より寂しくなったけど嬉しかった。掴めなかった手を今回は掴めたんだから!!希望が持てた。科学の力が進歩すれば映司とアンクの明日も叶う!がんばれ!!

しかし登場シーンかっこよすぎて、相変わらず悪気なく良いところを持っていってしまう罪な男やな〜〜〜〜〜〜と。それなのにアンクには「相変わらずボロボロだな」とか言われちゃうんだ〜〜〜〜〜はーーーーー。火野映司…。

 

弦ちゃんは最初から最後までずっと弦ちゃんだった。全然変わってない!!!弦ちゃんだ!

弦ちゃん出ると画面がより一層明るくなるんだよなー。さすがスーパー陽の主人公。

弦ちゃんが大杉先生の後輩になるなんて、なんとかして新天高でシリーズ一本作れないものですかね…。偉い人おねがい…。

平ジェネのキャラクター紹介読んだ時からウフフと思ってたけど、劇中でもユウキと賢吾の名前が出てきて嬉しかった!!仮面ライダー部は永遠!!仮面ライダー部大好き!!!

ロシアに行った理由は聞き取れなかったけど!宇宙飛行士になったユウキのサポートをする賢吾を見送りにロシアに行ったって聞こえたけど!!あってる!?!?あってたとしたら意味わからないから映像化してください!映像化無理だろうからそこだけ小説にしてください!

 

ガイムとゴーストはあまりハマらなかったんだけど、こういう形で登場されるとジーンとくる…!!特にカチドキアームズはやっぱりカッコいいし強そうだった!

タケル殿がパツキンJKを、御成が坊主を辞めた理由は映画を見ればわかるのかな??

時間なくて映画まで手が回らなかったことをひたすら後悔。

 

この世界に仮面ライダーがいてくれると思うと、人生楽しい。

また観るねーーー!! 

やっぱりHiGH&LOWの話

FINAL MISSON、また観た。

 

これは見れば見るほど愛憎の念が入り混じり「お前を殺して俺も死ぬ」ってなってしまうやつかもしれない。

 

初めて観た時の物語が終わることに対する愛しさと切なさと心強さが消えつつある。

 

好きなシーンはもっと好きになるし、嫌いなシーンはとことん嫌いになる、悪魔の映画だ…。

 

以下、FINAL MISSONで私がどうにも耐えられないところ。

 

その①喋る

めっちゃ喋るやん。

長いセリフ、喋るな!!!!!命尽きるスモーキーと琥珀総理以外長台詞やめて!!

30文字以上のセリフは禁止になったんじゃなかったっけ?みんなどうしちゃったの???話題の村山さんも大概だけど、その後の日向とロッキーも肝冷えるから。日向「どうせいつかは死ぬんだから好きにさせてもらうぜ」は?ロッキー「お前らの喧嘩はなんか熱いんだよな」は???ヤマト「勉強させてもらいます」は?要るか?は???????

もう拳だけじゃ解決できねぇ…。

そんな中でもキャラを守り抜いた雨宮兄弟と九十九さんは強い。 いや九十九さんはちょっと危ないところもあったけど。兄貴、まさきとひろとは強く生きてるよ。

 

②回想する

どんだけ振り返ってんだ!!やめろ!いや振り返ってもいいんだけど映像出すな!秘めろ!心で噛み締めてくれ!!こっちはドラマ版から全部見返してここに来たんだ!

EOS公開終了から1ヶ月しか経ってないんだからさ、そんな丁寧に振り返らなくても大丈夫ですよ。特に善信会長VSコブラ、あれEOSでやったとこは全カットでもいいでしょ。冒頭であれはダレる。

シリーズの終わりだとしても振り返りより新規の映像を見せて欲しかったです。

 

③しみじみ集う

いや、HiGH&LOWの重要なアイデンティティーーーーーである “SWORD集合シーン” があれでいいのか!?本当に!?!?!?!?今まで積み上げてきたものはなんだったんだ????

てかなんでみんな無名街いる???は?なんで???なに?日向普通に立ってたのに集合のためにわざわざボンネットに座ってくれたわけ?可愛い。でもライトつくとこダサかった。

集合シーンが地味に終わったから各々目的地に向かうところをその代わりにしようとした?ちなみにあそこが1番ショックだった。期待を大きく裏切られたので…。

 

④巻き戻す

巻き戻すな、時を。似合わねえ、似合わねえハイローには!!!!!!!無理!私3話も無理だったから!巻き戻す系全部無理だから!!!

俺たちは次に進む…進め!!!とにかく進んでくれ。みんな待ち焦がれてるだろうから拷問シーンは何回も見せてあげようという気持ちはありがたいけど、そのせいで拷問の貴重さが薄れて最悪だった。滅多に見れないから良いんだよ。

あとなんなんだよあの逃走中みたいな絵面は。いつからコブラいなくていつから探し始めたんだよ。走ってどうなるんだよ。どうなってんだよ時間軸。なんでコブラ失踪のこと九十九さんは知ってて琥珀さんは知らないんだよ。なんなんだよ。

なんで素直に拷問シーンを楽しませてくれないんだよ!!!!邪魔する奴は蹴散らせ!!!

 

⑤切る

SINを……………SINを切るな!!!!

EOSが音楽の使い方全部はなまる大正解だったのに対し、FMは50点〜70点しか取れてないような感じで、なんか違う!!ってなった。とくにSINをあんなブツ切りするなんて。イイイイイイ

どうしちまったんだよ!!EOSラストの、脳が揺れるHIGHER GROUNDを思い出せ!!

 

 

でもFMのこと考えてたら結局好きなんだよな…。好きの反対は無関心だもん…。

うん、やっぱりありがとうって気持ち。最高の人生だったって気持ち。

 

ほとんどのキャラが背景で悲しい気持ちになったはなったけど、でもスモーキーwithルードボーイズ・雨宮兄弟・琥珀さんが話の中心にいなきゃいけなかったから仕方ないよね。葬い合戦だ。

 

スモーキー、フランダースの犬に匹敵する美しい最期だった。

ここだけで無限に通える。

立てば芍薬イキれば牡丹殴る姿はさながらMVのよう…な広斗が「アイツにとってはここが天国だ」って言ったときもうダメだった。泣き。

 

1番高まったのは屋上接待ゴルフのシーン。

あそこ、まず黒崎会長が黒レザースーツで半端なくカッコいい。やばい。

そんで、黒崎会長と善信会長と警察で接待打ちっ放しやってたってのがマジやばい。いや、そこ、2人ーーーー!!!!!あの時2人絶対同じ気持ちだったじゃないですか。やばい。あまりにもやばい。やばいよ。頼むからもっとください。思い出してニヤける。やばいーー。どうにかして2人きりで会話させたいよおー。

 

2回ある「しーっ」、アレどっちも最高だ。

植野会長のしーっで音楽止まって、雅貴のしーっはシカトされる。最高じゃ。

雅貴お兄ちゃん、しーっの後に叫んだやつボコるのも、そのあとどう逃げようかな〜って考えた結果床踏み抜いて階下に逃げるってのが、ゲームか?って感じでベリーベリーグッドだった。ハイローのゲーム出たら絶対ピーと琥珀さん使う。

 

あと九龍紹介シーンで「リトルアジアを拠点とする武闘派」という他のメンバーに比べると薄味な紹介をされた克也会長好き。めっちゃ好き。傘さしたい。

 

うんああーやっぱり好きだ。

とにかく色んな思いが止まらないからまた観に行くしかない。

HiGH&LOW THE MOVIE3 FINAL MISSONの話

HiGH&LOW THE MOVIE3 FINAL MISSONを観た。

 

ドラマseason1 1話をリアルタイムで見たのは、もう3年も前なのか。

 

HiGH&LOWが最初から繋がった1つの物語だったことに大きな喜びを感じ、その物語に一区切りついてしまったことがとんでもなく寂しくて、でも終わったことに少しホッとしてる、よくわからないけど、とても穏やかな気持ち……。

 

とにかく、最高の人生だった。

 

ありがとうHiGH&LOWプロジェクト!!

ミックス。の話

コードギアスと迷ったけど、ミックス。を観た。

 

人生って永遠に青春チャンスあるやん!って希望を持てる映画だった。

 

何歳になっても、本気で打ち込めるものがあれば、それは青春!!!

青春チャンスある!!まだ、ある!

ただ逆に本気になれなきゃ一生青春は訪れない!やばい!!!ケイコとマナブ

 

あと人との出会いって人生変えるなーって思った。

 

当たり前のこと言うけど、タマコがハギと出会ってなかったら、その前に江島と出会ってなかったら、そもそもあのスパルタお母さんのところで生まれてなかったら今の幸せはないし、ハギも以下同様。

 

他のキャラももちろん同じで、みんながみんなと出会ってお互いを知っていって人生が良い方向に変わっていく感じが凄く素敵だった。

 

絶対ハッピーエンドで終わって欲しかったから、あの終わり方は最高だった。

(嘘、落合夫妻の子供には畑増やすか〜のところで登場してほしかった(でもそこまでギャグな映画じゃなかったからあれで正しかったんだけど)欲を言えば)

 

もし、タマコとハギが出会ってなかったら、タマコはずーっとあの謎の工場で働くことになってたかもしれない。

別の形で江島とアイリに嫌がらせして警察沙汰になってたかもしれない、なんせ趣味の悪い手編みのマフラーをプレゼントするくらいだし。

ハギもあの工事現場から奥さんと娘さんへの未練な気持ちを募らせて、もう一度事件を起こしてたかもしれない。

あと1番卓球クラブに救われてるんだろうなって思った優馬くんが、居場所をなくしてた。これは悲しいこと。(フライングガーデン稲中読んでるくらいだからなんとかなりそうではあるけど)

 

私の生きてる世界ではこんな映画みたいに綺麗に歯車が噛み合うことないから、こんだけ良回転があると、反対に崖から突き落とされる出会いもあるよなって思ってしまってー。

現実も、もっと上手くいくように誰か操作してれば良いのに!

 

人生山あり谷あり。

 

しかしキャスト全員ハマってたな〜!

主要どころの卓球やるメンバーだけじゃなくて、渚テクノロジー庶務課の後輩とか、工事現場の主任とか、天才卓球少年・少女とか、吉岡弥生の旦那とか、ハギの元嫁とか、吉岡弥生の旦那とか、タマコのお父さんとかね!

クラブの客で石川かすみちゃんは爽やかすぎて…うんいや逆に良かったのかな?そもそもクラブじゃなくてただのパーティ会場みたいだった、うん。

 

スタッフロール見たら「え、何役で出てた?どこいた?」って人も結構いて、ミッケみたいな感じでもっかい見ようかな。